|足元のおしゃれ|

足元は自分の心の状態が出やすい場所なのではないでしょうか。忙しくて適当に履いて出た時と「この靴にこの靴下を履いて出掛けよう」と決めて出た時とでは、明らかに行動が違うような気がします。 新しい靴や磨いた靴を履いた時に気持ちがしゃんとしたり、お気に入りの靴を履いた時に足が軽やかで楽しくなったり、足元は心と密接に繋がっているように思います。そして、テイストやボリューム、配色等で足元に表情を足してくれるのが、靴下などのレッグウェア。 その日の予定に合わせて、時には足元から着こなしを考えてみるのも楽しいですね。

ここでは、靴とレッグウェアの組み合わせを少しご紹介。
家でのくつろぎの場でも、外でおしゃれする時にも、自在に履いて頂ける靴下でありたいと思っています。普段履かない色に挑戦して頂けるだけでも嬉しいので、カラー帳とは毎回にらめっこ状態。履き心地がよいことは勿論ですが、色遊びできる楽しさも大切にしたいと思っています。

グリュックントグーテの靴下

革靴と靴下

履くだけできちんとした印象になる革靴は、短靴とブーツなど靴の丈にもよりますが、素材感やテイストを合わせるとまとめやすくなるようです。ボトムと靴の間の差し色として、ビビット色や柄物などを上手に取り入れるとアクセントになります

グリュックントグーテの靴下

スニーカーと靴下

カジュアルスタイル代表格のスニーカーにはどんな種類の靴下も合いますが、シンプルなスニーカーなら柄入り靴下と合わせるとオシャレ度がアップし、カラースニーカーには淡めの靴下などきれいめな素材と合わせると大人っぽい印象になります。靴下の丈で印象が変わるため、洋服に合わせて靴下の丈や色を選ぶのがおすすめです。

サンダルと靴下

夏に活躍するサンダルと靴下の組み合わせは、さりげなく足元をおしゃれにしてくれます。合わせるときは、サンダルと同系色の靴下にするとまとめやすくなります。また、ストラップが太いサンダルは厚手のソックスと合わせるとバランスよく合わせることが出来ます。

レギンスと靴下

寒い冬におすすめしたいのが、レギンスと靴下の重ね履きです。ブーツが活躍する冬はレギンスをタイツのかわりにして、靴下と合わせることで足の蒸れを防ぎ、おしゃれも楽しめます。きれい色のレギンスをコーディネートの主役にしてみたり、同色を合わせてタイツ風にしたり、少したるませてボリューム感を出したり、色々な組み合わせが楽しめます。

 

私はスタイリストではないので、ご紹介してみたものの、着こなしについてはまだまだ勉強中ですが、履いてくださる方お一人おひとりのおしゃれに寄り添える靴下でありたいと思っています。国産天然素材にこだわった靴下は、ゆったりとした心地よい履き心地です。五本指靴下「足の肌着」は、夏は「麻」と秋冬は「綿」や「ウール」と重ねていただくことで、季節を問わず履いて頂けます。カラーも取り揃えておりますので、是非お試しください。

ARCHIVES