|冷えとりについて考える|

様々な症状を引き起こす要因となる身体の冷え。身体から「冷え」を取って、体温を上げ、病気と無縁の元気な体でいたいものです。ここでは、靴下の重ね履き以外にできる「冷えとり」について考えてみようと思います。

インナーで温める

夏は冷えと無縁な気がしますが、薄着になり、クーラー等の空調によって自然と体は冷えています。そんな時に活躍するのが、レギンス等のインナー。オールシーズン役立つアイテムですし、特にシルク素材は、空気を含むため夏はさらさらで冬はあたたかくおすすめです。天然素材の靴下と組み合わせれば冬の重ね着スタイルにもぴったり。

他に、内臓が冷えるという方に血の巡りを良くする薄手の腹巻や、寒いと思った時ぱっと手や足に着用出来る薄手のウォーマーがあると便利です。かばんに入れておいてもかさばらず、きれいな色みのウォーマーであれば服のポイントになってくれます。上手にインナー等を利用して、体が冷えないよう心掛けたいですね。

体の内側から温める

体の外側を温めても、内側が冷えていては意味がありません。冷たい飲み物や甘い食べ物など陰性の食品をたくさん口にしていると内臓が冷え、体が芯から冷えきってしまいます。内臓は温めることで、健康を維持することが出来るので、梅干し、醤油、味噌、生姜、梅醤番茶など体を温める食べ物を摂取することが大切です。

また、半身浴も下半身をしっかりと温めてくれます。
40度未満のお湯にみぞおち辺りまで浸かり、汗がじんわりと出るまで温まるのがポイントです。この際、お風呂上りに一番最初に靴下やレッグウォーマーを履くことで足元からの冷えを防止出来ます。

そして呼吸や適度な運動も大切です。身体が冷えていたり緊張していると、呼吸は知らない間に浅くなっていることが多いようです。腹式呼吸は多くの酸素で身体をリラックスさせ、血行をよくしてくれます。 鼻呼吸のヨガを日常に取り入れるのもいいですね。

「冷えは足元から」と言われるように、上半身と比べて下半身の方が体温は低くなりやすいです。そのため、上半身と下半身の温度差を少なくすることが、冷えとりの考え方では重要になってきます。靴下の重ね履きと一緒に、身体の内側から温めることが大切です。

グリュックントグーテ 冷えとり

↑日中は家事と子育てでなかなか仕事ができないため、深夜作業となりますが、いつも0時を過ぎると、決まって「梅醤番茶」(お湯を注ぐだけのインスタントのものを愛用)を飲みたくなります。小さな耐熱グラスに1杯だけですが元気が出てくるのです。

Gluck und Guteのレッグウェアは、国産、天然素材にこだわり、熟練した技術者の方と一緒に製作しています。本格的に冷えとりをされている方にも、そうでない方にも履き続けて頂けるような心地よい靴下でありたいと思っています。
日々の生活は習慣化すると身体に影響が出てきます。自然の力は偉大です。食べもの、着るものなど、身体に触れる全てのものを人工的なものから自然のものへと移行すると、身体はもとより言動までもが変わってくるのではないでしょうか。私自身も自分の中に知らず知らずのうちにできた間違った常識や食の習慣を現在変革中。なりたい自分になるために頑張ります!

ARCHIVES