|重ね履きについて|

もともと心臓から一番遠くにあり冷えやすい足。
人の体温は血液循環によって調整されていますが、ストレスや偏食、不規則な生活などで
血液循環が悪くなると、心臓や肝臓、肺など生命活動に必要な内臓を優先して血液が運ばれるため、足先に十分な血液が運ばれず冷えてしまいます。

グリュックントグーテ 重ね履き

重ね履きの注意点

足先を温め血流循環が良くなるなど、様々なメリットがある「重ね履き」。でも、ただ重ねるだけでは足を締め付けて血液の流れが悪くなり冷え性を悪化させたり、速乾性や吸汗性がなくなって汗で足が蒸れ冷えたりと逆効果になる恐れもあります。

重ね履きには、締めつけがない天然素材の靴下、特にシルクの靴下がおすすめです。
シルクは生きた繊維とも呼ばれ、吸湿性や放湿性に優れています。
これはシルクの原料である繭に蚕が身を守る為に必要な特性が備わっているからです。

暑い夏は熱を放出し、冬は保湿して寒さから身を守り、呼吸で取り込んだ老廃物を排出するなど様々な役割を担っています。吸湿性(吸毒性)や保湿性、放湿性、老廃物の排出(排毒性)など繭に備わっている特性を持つシルクが、重ね履きによいことも納得です。

 

Gluck und Guteでは、国産・天然素材にこだわり、シルク100%の糸で編み上げたものも多くあります。中でも外側がコットン100%、肌に当たる内側がシルク100%で編みあげたパイル編みの五本指靴下は、足の肌着として履いて頂きたい靴下です。足の冷えが気になる時は、上から「足の衣 麻」や「絹に綿を重ねた靴下」を重ねていただくことをおすすめします。
毎日履くものだからこそ、本当によいものを。

ARCHIVES