|オーガニックコットンの魅力|

コットンの農薬が、発展途上国の社会問題として人々の健康意識や環境に対しての意識が高まりつつある今、オーガニックコットンは世界中で注目を集めている素材です。一般のコットンとはひと味違ったオーガニックコットンの魅力に迫りたいと思います。

オーガニックコットンとは

有機栽培された綿を「オーガニックコットン」と呼びます。その基準は厳しく、利用する農地には3年以上化学物質を使用されていないことが条件で、仮に有機農法に切り替えて栽培を始めてもオーガニックとは認定されません。一般的に農地から残留農薬などがなくなるまでには、約3年もの時間が必要となります。 そのため、残留農薬などがある状態で栽培を始めてしまうと、綿に化学薬品の影響が出てきてしまいます。厳格な基準によって、オーガニックコットンはしっかりと品質管理がされているのです。オーガニックコットンを使用した製品は素材となる綿はもちろん、製品になるまでの工程でも化学薬剤を使用せずに作られます。

オーガニックコットンの良さ

化学薬剤を使っていないオーガニックコットン製品の魅力は、とても柔らかくしっとりした肌触りです。これは綿の本来持つ油脂が残っていて、柔らかさに影響を与えているからです。また、吸湿性も良く、柔軟性もあります。 その風合いは何度洗濯をしても損なわれず、柔軟剤を使用しなくても柔らかさを保ちます。保湿性もありますので、冬場に乾燥で皮膚がカサカサになる場合にもオーガニックコットン製品はおすすめです。皮膚の弱い方や赤ちゃん、アレルギーをお持ちの方にも、オーガニックコットンは安心してお使い頂けます。

グリュックントグーテの足の寝間着

Gluck und Guteでは、「足の寝間着」の肌にあたる内側部分にオーガニックコットンを使用しています。触るとわかる、ふわっと柔らかくあたたかな素材。大切な人への贈り物に、ご自身に、暮らしの質を高めるアイテムとしておすすめです。

ARCHIVES